はじめまして

Paw-tition™(パウティション)は、大切な愛猫との共生に、時どき必要な「やさしい距離感」を、猫と人が自然に作りやすくするために考えられた、「猫と人のための家具」です。

家族の様に大切な愛猫。けれど、やっぱり異なる種だということは忘れてはいけません。

もっと、ずっと、一緒に居たい大切な家族だからこそ、時どき大切にしたい“やさしい距離感”があります。

私たちは、そんな”やさしい”を大切にする空間づくりを、Paw-tition™(パウティション)でお手伝いしたいと考えています。

Paw-tition パウティション
Paw-tition NAGOMI









2021春個展

Paw-tition™誕生までのストーリー

きっかけは、愛猫が私たちの気づかないうちに病気になってしまったことでした。

猫は普段から、体に不調があっても我慢してしまうそうです。ですが、小さなサインはトイレや隠れ家、態度から読み取れたりもします。我が家では、愛猫が膀胱結石と尿管結石を併発し、おまけに肝臓にまで先天性の爆弾を抱えていることが検査でわかったという出来事がありました。

(幸い、その愛猫はとても強運の持ち主で、手術をしなければいけない大きさだと言われた石は手術直前に体から自然排出され、肝臓の爆弾はそもそも生まれつきなので現状維持でも大丈夫そうだ、ということに落ち着きました。)

そのことをきっかけに、我が家だけでなく、猫の多くは環境等から受けるストレスにとても敏感で、体調に影響を受けやすく、時には、そのことを我慢し続けた結果、最悪の状態になるまで病気の症状が出ない体質だったりすることもあり「いつの間にか重い病気になっていた」なんていうことも珍しくないのだと知りました。

つまり、どこかの広告で「俺の健康、俺より管理しろ」と猫さんが言っているように、側にいる人間が、微妙な変化にちゃんと気づけるよう心がけるなど、ストレスを未然に回避するための環境づくりや距離感が必要なのだと、あらためて気づいたのです。

企画構想段階では、多くの愛猫家の方にアンケートのご協力を賜り、愛猫家のみなさまの多くが「愛猫との生活空間をより良くしたい」と考えておられる事も知りました。

ならば、愛猫とのより良い生活空間づくりをお手伝いする家具を作ろう!という考えから、このPaw-tition™は生まれたのです。